全国各地を網羅している高速バス路線網を使って旅に出よう

高速バスは多くは全国各地に張り巡らされている高速道路を走る公共交通ですが、最近では新幹線・特急と競合しているケースが多いので、時間はこの2つより掛かる事があるもののとても割安になっています。それを使って日帰りや宿泊を兼ねた旅行をする事も可能となっており、買い方によっては元々安価な正規運賃よりも更にお得に乗れる事があります。予約に関しては高速バスターミナル・バス会社のインターネットサイト・提携コンビニエンスストアで気軽に行う事が可能であり、バス会社によっては下道を走る路線バスと同様に後払いを採用している場合もあるので、支払い方法に不安がある場合は乗車前にネットで支払いについての確認をしておきましょう。

長時間乗っても疲れない高速バス

大都市間を走る高速バスと言ったら8時間~10時間といった長時間乗るイメージがありますが、最近では従来の4列シートから定員を減らした独立3列シート・ラグジュアリー独立シートの導入に加え、前後座席のシートピッチを長くする事による座席のリクライニング角度がフラットに近づけるといった快適設計になっているので、疲れる事無く移動可能です。夜行バスの乗車については、プライバシーに配慮して消灯時にはカーテンを使うバス会社がほとんどなので、周囲を気にする事無く仮眠が出来ます。長距離バスの多くは化粧室が付いており、長時間乗車に不安を抱えたトイレの近い方であっても気兼ねする事なく用を足せて安心して過ごせるので、一度バスを使って旅に出かけてみましょう。