秩父の地酒を手軽に!屋台がたくさん♪

埼玉県の秩父で行なわれる1年に一度のビッグなイベント「夜祭」はご存知ですか?だいたい毎年の12月初めに行なわれる、夜間のお祭りです。通常のお祭りというと、だいたい夜9時になると屋台も閉じ始めますよね。しかし、秩父の「夜祭」は違うんです。ちょっとでもお祭りに夢中になっていたら終電を逃してしまうかもしれなくなってしまうくらい、夜11時以降も盛り上がっているんですよ。 観光客や地元の人々を魅了する「夜祭」の出し物といえば、何だと思いますか?迫力ある山車や冬の夜空に打ち上げられる花火はもちろんです。しかし、秩父の名産を手軽に食べることの出来る屋台もお客さんを魅了しているんです♪名物のおいしい地酒を手軽に楽しむことが出来ますよ!それに念に一度のイベントということで屋台を出している方々の威勢もすごい!とても賑やかです☆おいしいお酒を片手に、冬の夜空の花火鑑賞がおすすめです!

メインの山車を見るだけで興奮そのもの!

秩父の夜祭では、いくつかの「山車」が道を行き来します。お神輿を移動させているのは見たことがある方も多いかもしれませんね。しかし、夜の山車を見たことがある方は少ないのではないでしょうか? 多くの観光客などが行き交う中で押され、引かれて移動する山車はとっても魅力的です。山車そのものも魅力的ですが、なんといってもその山車をコントロールしている祭りの男たちの雰囲気がとっても素晴らしいです。いつもなら、そういう熱い男は苦手な方もいるかもしれませんが、見る目が変わるかもしれません。また、タイミングと見ている場所が良ければ、山車と共に花火を鑑賞することが出来ますよ。 山車を見て夜中の寒さも吹っ飛びますし、更に元気までもらえます!